養育費の支払いに公正証書の効き目は絶大だった

元夫と別居してから5年、中高生の息子たちの生活費や学費はほとんど私が負担してきました。月に数万円のお金が振り込まれたり、振り込まれなかったりという程度でした。

そして1年前、こちらにはなんの落ち度もないのに、突然離婚しようという連絡があったのです。

もうこういう状態だから気持ちはすっかり離れて、別れても全くなんの未練もなかったのですんなり別れてもよかったのですが、いまさらどういうことだろうと考えると、月数万のお金の振り込みが嫌になったのではないかと思い当たりました。もともと仕事が長続きしない人で、あまり収入も安定していない様子なのです。

友達に相談すると、別れるとしてもちゃんと慰謝料とか養育費とかもらったほうがいいよ、というので、メールで連絡したのですが、あやふやな返事でとにかく籍を抜いてすっきりしたい、の一点張りでした。

そこで、法テラスという無料法律相談に行くと、最初は本人の収入が安定していないようなら、裁判所で調停してもらってもあまりお金はもらえないはず、といわれました。でも、それでは子供のこれからを考えると納得がいきませんでした。

法テラスでは3回まで無料で相談できるとのことだったので、もう一度行くと、別の弁護士さんが交渉してくれる、とのことでした。

弁護士さんが夫と会ってくれて、色々話した結果、養育費を子供が大学卒業するまで払ってくれることと、そのことを書いた公正証書を作ってくれることになりました。

弁護士さんが間に入ってくれたことで夫も逃げられないって思ったようです。

それでも本当に支払いがあるのか、とても心配でした。また、逃げてしまうんじゃないか・・・と半信半疑でした。

でも、その後4か月たちますが、公正証書に決められた日にちまでにちゃんと振り込みが入るようになりました。

弁護士さんによると、公正証書で決めたことは、ちゃんと支払いをしないと、判決と同じ効果があるのだから、給料も差し押さえになってしまうのだそうです。

そのことと、男としてちゃんと責任をとれ、という話をしてくれたそうで、本当にありがたかったです。

食べ盛りだし、これから受験もあるので不安はいっぱいですが、自分だけが負担してるのではない、という感覚があるので、頑張ろうという気持ちになれています。

子供にも、お父さんから振り込みがあったよ、と通帳を見せてやるようにしています。