こども園の見学に行ってきました

乳幼児を連れて離婚し、最近、実家に戻ってきた私。将来への不安もたくさんありますが、悩んでばかりではいられない。ずっと実家に依存し続けるわけにも行かないので、近い将来、働きに出ることを想定し、近所の幼稚園(保育園)を見学してくることにしました。幼稚園に併設された保育園を利用することもできるらしいのですが、私の希望は、できれば幼稚園。大きな理由はないのですが、ひとつは、私が幼稚園出身だということ。そして、もうひとつは、せめて2歳を過ぎるくらいまでは、子供と一緒に過ごしたいことです。共働きが多い世の中で、こんなことを言う余裕は、シングルマザーの私には無いかも知れません。が、母子家庭だって、子供とかけがえのない時を過ごしたいという我儘を言える権利は、あっていいと思ってます。
幼稚園と言うと、なんとなく、保育園より金額が高いようなイメージがありました。見学に行ったところで、母子家庭で無職となると嫌煙されるのでは?と、少し不安でしたが、対応してくれた方は、とても優しくて、熱心に説明をしてくれました。どうやら、そこの幼稚園は、最近、幼稚園ではなく、「こども園」というものにシステムが変わったそうです。最初はなんだか分かりませんでしたが、こども園と言うのは、幼稚園と保育園の中間的な存在なようです。つまり、保育園の料金システムで、教育内容は、幼稚園と同程度のものが受けられるとか、、。所得に応じて料金が変わるシステム。これは、低所得の私にとっては嬉しい発見でした。諦めかけていた憧れの「幼稚園」に、保育園並の料金で入れるなんて、、。シングルマザーになったばかりの不安な私にとって、希望が湧いてくる出来事でした。